賃貸などで住宅に住む~購入でも賃貸でも自分のお城~

ネット検索の使い方

賃貸マンション探しは地元の不動産屋さんが吉

関東周辺では賃貸マンションを借りる場合2年契約が多く、そのまま住むにはさらに2年間更新することになります。 更新時には更新料等が必要なことから、この機会に他の賃貸マンションに引っ越すことを考える人が多いようです。 賃貸マンションを探す際に最も利用されるのは、不動産紹介業者の賃貸ネットと言われています。 膨大な情報が掲載されているネット情報ですが、同時に全国の膨大な人が利用していることもあって、残念ながら良さそうな物件はすぐになくなってしまうのです。 そこで、賃貸ネットの情報は住みたい地域のおおよその相場や周辺の環境を知るための参考にとどめ、実際は足で探すことが肝心です。 最も良いのは、住みたい街の老舗の不動産屋さんをあたることです。 長年その街で営業している不動産屋さんは地域の大家さんとも昵懇なため、条件の良い物件をたくさん持っている可能性が高いのです。

良い物件を探し出すには

賃貸マンション探しをする前に必ずしておきたいことは、譲れない条件とこれは譲ってもいいという条件を洗い出すことです。 しかし、この条件は必ずしも絶対的ではないことも頭に入れておく必要があるのです。 たとえば、新築もしくは築浅の賃貸マンションを望む人が多く、かなり上位の譲れない条件の1つとされています。 もちろん、古い物件を持つ大家さんもこの事実を知っているだけに、なんとか借りてもらおうとキレイにリフォームしたり、ペット可にしたりと様々に工夫しています。 特に大掛かりなリフォームを行っている物件は、新築マンションの設備と同等で、しかも早くから建てていただけに駅近など条件の良い場所にあることも多く、意外な掘り出し物が見つかるケースが多々あるのです。 こうした良い物件を見つけるには、できるだけたくさん内見することが肝心です。 また内見することで、物件だけでなく周辺の環境や騒音などの状況も知ることができるのです。